谷口輝世子Kiyoko Taniguchi

米国在住のライター。日本ではスポーツ紙の記者をしていました。スポーツ取材が中心です。

米国学校運動部の指導者、報酬はいくらか。

以前にこのブログで、米国の学校スポーツでは学校内外から指導者を募るというレポートをしました。

学校外の人、教員でない人が運動部の指導者になる場合は、講習や犯罪歴確認など、いくつかの手続きをふまなければいけません。

さて、部活の指導に対して支払われる報酬はいくらなのか。

これはピンキリと言われていて、私は米国全体の数字をいまだに見つけることができていません。私の住んでいるところは公表されていませんが、インターネット上で公表している学校区がありましたので、2つをまとめてみます。

この報酬は教員で部活指導をしている人も、外部からきて指導している人も同じ金額が支払われると私は考えています(未確認)

米国では、その地区の住民の収入がどのくらいかによって、学区の雰囲気ががらりと変わります。税金をたくさん納められる人が多いところは、学区の予算面でも有利です。ですので、その学校区にある世帯年収中央値も付け加えました(すごく少ない学校区には州から補助金が出ていますが)

これはワシントン州にあるBellingham Public Schools という公立校学区です。

ちなみにこのBellingham市というのは、ワシントン州の世帯年収中央値57,573ドルに対し、41,718ドルと州の中央値を下回っています

Bellingham, Washington (WA 98225, 98226) profile: population, maps, real estate, averages, homes, statistics, relocation, travel, jobs, hospitals, schools, crime, moving, houses, news, sex offenders

この校区にある中学の部活

バスケットボール、フットボール、野球、体操、トラック、クロスカントリー、バレボール、レスリングの部活動で

主任の指導者に対しては時給20ドル、アシスタントコーチには15ドルが支払われます。下のリンク3ページ目。

https://www.evernote.com/shard/s238/res/b5b9c7e7-a200-4005-a6f5-09752dbc5e78/P5146.pdf

だいたい1日に放課後2時間程度の練習だとして、1日40ドル程度。土日に練習や試合が行われることは少ないので、1週間5日練習や試合をしたとすると、200ドル(1ドル100円だと2万円)程度といったところだと思います。アメリカの学校はシーズン制で、ひとつの種目はだいたい3カ月程度しか活動しません

もうひとつはテキサス州にある

MANSFIELD INDEPENDENT SCHOOL DISTRICT という公立の学校区です。

MANSFIELD市の世帯年収の中央値は90,880ドルで、州の中央値50,740ドルを大きく上回っています。

ここの中学校の部活の指導者に対する報酬は

1種目 1450ドル(1シーズンに対してです)

指導をする種目が増えると、1種目につき1450ドル(1ドル100円だと、14万5000円)もらえるようです。

この19ページ目です

https://www.evernote.com/shard/s238/res/1d31fa4d-39e4-4fe5-9d78-8d7f66fef6d6/salary_schedules.pdf

強豪私立高のフットボールなどでは10万ドル(1ドル100円だと、1000万円)以上もらっている指導者がいるという記事を読んだことがありますが、私の感覚(自分の子どものコーチも含めて)、中学の場合だと、やはり1週間に200ドル程度、10週間くらいのシーズンで1500-2000ドル程度のところが多いような気がします。

どちらの学校区も高校の運動部指導者への報酬も示しています。Belingham学校区は4000ドル程度、MANSFIELD学校区は7000ドル程度のようです。月給ではなくて、1シーズンに対して支払われる金額だと思います。