谷口輝世子Kiyoko Taniguchi

米国在住のライター。日本ではスポーツ紙の記者をしていました。スポーツ取材が中心です。

アスレチックディレクターが顧問人事の要

米国の高校と大学にはアスレチックディレクターという管理職ポジションがあります。

このポジションの人が部活動人事の要です。採用、解雇、円滑に行われているかを見てまわっています。(保護者からの苦情とか、対戦校からの苦情とか、施設管理なんかも) 

かっこ悪いですけど、手書きメモをちょっと貼ってみます。図を作るのが面倒くさかったので。

f:id:kiyoko26:20150109171646j:plain

  • アスレチックディレクターは学校長に次ぐ管理職
  • アスレチックディレクターが運動部顧問の人事権を持つ
  • 運動部顧問は内部教員と外部から募る。一般的な公立校では、まず、内部から適任者を募り、空きポジションを公募。
  • アスレチックディレクターが内部教員も適任者かどうかを判断。外部からの応募者は校長とともに面接。犯罪歴、経歴確認ののち採用。
  • アスレチックディレクターは部活顧問のボス。(内部教員のボスでもあり、外部指導者のボスでもある)
  • アスレチックディレクターが、顧問(内部教員、外部指導者とも)の不適切指導(体罰など)の通報を受けた場合は調査をする→事実確認できた場合はアスレチックディレクターの権限において顧問解雇
  • ひとつの部に複数コーチがいて、内部教員と外部指導者のミックスで指導している場合もある。
  • 内部教員、外部指導者とも、どのように指導するか、練習時間などのガイドラインが州の高校体育協会で設定されていたり、学校ごとに定められている。→違反しているときは、生徒や保護者がアスレチックディレクターに不服申し立てできる。
  • 内部教員、外部指導者とも州の高校体育協会などが安全講習受講を義務付けている。これは毎年、受けるように義務付けられているところが多いようだ。
  • 部活動指導に関しては外部指導者も内部教員と同じ権限を持ち、試合の引率などはできる。

  外部指導者、内部教員とも部活動指導に支払われる報酬は同額。(公立校はだいたい教員年収の10%が相場だが、シーズン制のため、3-4カ月程度の活動で年収の10%をもらえる計算になる)